見た目がきれいなWebサイトは簡単ですが、思いをのせるのは手間がかかります

どうしてWebサイトは必要なのでしょうか。

その答えの1つに、世界観を伝えるというものがあります。

やさしくいえば「商売における基本的な思いや考え」といってもいいかもしれません。

フェイスブックだと時系列で情報量に限りがあるため、きちんと伝えるのが難しいです。

Webサイトであれば情報量に限りはなく、レイアウトも自由なので伝えやすいです。

どんな商売にしろ、サービスや商品の前に、会社のことをよく知ってもらわないとはじまりません。

サービスや商品に注目が集まるの先だったとしても、どこかで会社のことを伝える必要があります。

いいサービスや商品を作っている会社は、たいていよい会社なのかもしれませんが。

 

基本的な考えを伝えることはもっとも大切なことだと思います。

ちょっとの思いであればコピペで真似されてしまいますが、熱意をもって会社の思いや考えを徹底的に示せれば、差別化につながります。

 

Webサイトはたんに情報をのせるだけでは効果は薄い。

基本的な考えをわかりやすく伝えるべきです。

一部をのぞき、イメージよりも文字の重要性が増してきていると思います。

 

見栄えのよいWebサイトは簡単にできますが、そこに思いを反映させるのは簡単にはできません。

ひと手間かけないと伝えられません。

思いこそがWebサイトの差別化であり、商売の差別化にも影響します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。