Webの成果に閲覧ページ数や訪問者数が基本指標になる理由

閲覧ページ数や訪問者数だけでは、そのWebサイトの価値を測りきれない。

そんな声がありまして、そのとおりだと思います。

でも地方においても、現状でははやり閲覧ページ数や訪問者数にまさる指標はないというのが結論です。

 

まずそもそもWebサイトを運用する目的。

最終的には売上UPにつなげたいのですが、直接の目的としては

  • 見込み客の獲得
  • (会社やサービスや商品の)知名度アップ

がほとんどです。

 

SNSをうまく使えばさらに効率がよいです。

ECサイトだと売上になりますが、それ以外はだいたいこんな感じです。

 

で、見込み客の獲得には、

  • お問合せの数
  • 資料請求の数
  • メルマガの登録
  • 会員の登録

などが指標となり、その土台となる知名度を図るデータとしては、閲覧ページや訪問者の数になってしまうというわけです。

もちろん、これはWebサイト分析の一般的な内容なので、違う見方もたくさんあるでしょう。

 

 

Web分析もまだまだ完全ではないのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。