ハウツーサイトの決定版ができても、専門家が直接伝える需要はなくならない

個人的なWebの運用で、当たり前のようにやってきたこと。それが仕事上のお客さんにも役にたつということが最近増えました。

お客さんからすると、仕事でWebを使うのが当たり前で、ちょっとした操作は慣れています。それでも、Webの効果的な運用については、専門的にやっているわけはありません。たとえそれがWebに答えがあるとしても、調べる時間は限られています。

今後Webの使い方を教える決定版的サイトができたとしても、専門家が伝えることの需要はなくならないのかもしれません。

たとえば仕事の縁がつながった方だけに、Web運用などのノウハウを共有する。けっこうありがたがられ、それがまわりまわって、次の仕事につながりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。