【ワードプレス 有料テンプレート】どういう場合に有効か

ある程度、じぶんでサイトを作りたい(作る余裕がある)場合に有効です

ただ多くの場合、じぶんでやるには限界があることも同時にお伝えしておきます

 

有料テンプレート、使ったことはありますか?

世の中のサイトの4割以上を占めるというデータもある、ワードプレス

 

ワードプレスでサイトを作る場合、とくに予算がかけられない場合、有料テンプレートをオススメする場合があります

これは家でいうと新築でなくて、建売住宅みたいなもの

もうできている家(サイト)を買うということです

 

有料テンプレート メリット

一言でいえば、安く早くそこそこキレイにつくれて便利機能もいっぱいです

  • コストをめっちゃ抑えられる
    (オススメのテンプレートは1万前後で買えるモノも)
  • 早く作れる
    (内容さえ決まっていれば、サイトを作るだけなら1時間かからない)
  • よいテンプレートは、デザインもよく、設定もある程度は細かくできる

メリットがいっぱいあるので、これでええやん?というケースは実際あります

趣味的なサイトであれば、ほぼこれでこと足ります

さらに勉強すれば、複雑なページも作れちゃう

商売でやる場合すら、大手サイトとかでなければ、やり方によってはこれでOKな場合も

 

情報はインターネット上に無限にあるので、それを見て作れる人はOK

まったく意味不明な人は詳しい人に頼みましょう

有料テンプレート デメリット

  • 覚えるのにある程度の勉強時間は必要
  • 完全に自由にサイト構築できるわけではない
  • 別のサイトに変えるとき、ある程度の知識が必要で、手間と時間がかかる

やばいデメリットはあまりないので、多くの人にオススメできるわけです

 

本気でサイト運用する場合

でもマジでサイト運用をやるなら、専門的な分析が必要です

サイトを立ち上げ更新するのは独学でイケても、もっとも重要な改善の継続には、専門家にお願いしたほうがよいからです

で、専門家にお願いする場合は、専門家は有料テンプレートよりも使い勝手のよいサイトを提案できるので、有料テンプレートはけっきょく使わないほうがよかったりします

 

まとめとして、あまり将来的なことは考えてられない状況だけど、令和だしとにかく手頃にサイトを作りたいという場合、勉強して手を動かす時間があるなら、有料テンプレートは有効です

それで次のステップアップとして、もっとこだわりを出すために、専門家に相談するはアリかと思います

 

一方で時間は有限です

ゆっくりしていたら、ライバルの会社に差をつけられるチャンスを与えてしまうことにもつながります

なのでもっともムダが少ないのは、最初から(信頼できる)専門家に相談することだったりします