山奥のいなかでもメディアに名前だすと問合せが増える

小さなWebメディアでも、仕事につながりそうです。

誰かの役にたつWebを運営すれば、信頼につながる

山奥のいなかで観光系の小さなWebメディアを運営しています。

アクセス数は一般の公式観光サイトと比べると大したことはないです。

でも、ニッチな情報をまじめに続けていると、継続して読んでくれる特定の方も増えてきてくれます。

 

最初は趣味でやってきたのですが、自営業になり仕事にいかさねばならない状況になりました。

そこで運営して5年目で、名前や自己紹介を入れることにしました。

 

自己紹介は1分で読めるほど簡単なものですが、数ヶ月もたたないうちに問合せが増えてきました。

  • Webメディアをやろうと思っています。ぜひお話をおきせください。アドバイスほしいです
  • Webサイトを作ってほしい

などなど。

 

もちろん、お問合せのすべてが仕事に直結するわけではないです。

でも仕事につながるお問合せが増えたという点で、小さなWebメディアでも、営業につながることを実感しました。

 

自営業で仕事をするには「個人の信頼性」が重要です。

 

ブログ起業: 10年9割廃業時代を生き抜くブログ×ビジネス

で共感しました。

 

Webメディアは、つきつめると信頼性を高める自己紹介でもあります。

身近にいる人で頼れる人が限られている状況だから、今までなかった分野で人の役にたててれば、仕事につながるのだと思います。

 

また山奥のいなかで観光系メディアを運営していると、一般的なブログ運営術とは違ったノウハウが蓄積されます。

そういったものも、提供していきたいと思いました。

おわりに

ただのWeb制作をやっているだけでは、とくに山奥では生活できません。

地域の課題解決に役立つことを今後も探ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。