大手情報サイトに有料記事を出すのはよいことか

Web運用のサポートを長いことやっていると、いろいろなWeb関連の営業を受けます。

 

まず取引しているお客さまの公式サイトに問合せメールが入ります。

お客さまだけでは「この営業を受けたほうがよいか、断ったほうがよいかわからない」場合がほとんど。

なので、わたしが代わりに営業内容を見る機会が多いというわけ。

 

 

今回はひとことでいうと、大手情報サイトに、あなたの事業の情報を載せませんか?という営業です。

もうちょっと特徴をいうと

  • それぞれの業種の専門家に厳選された情報サイト
    (歯医者さんとか、経営コンサルティングとか、不動産売買とか)
  • 運営側で厳選した信頼できる情報のみらしい
  • 大手新聞社との関係があって、めっちゃアクセスも多いらしい
  • デザインもそこそこ見やすい、取材もして文章も掲載します
  • 掲載には審査があり、一定の費用を払えばOK

っていう感じです。

一見よさそうに見えませんか?

 

実はいろいろつっこみポイントがありまして、もっとも重要なのは掲載にお金を払うっていうところ。

つまり広告なのです

 

情報を探すお客さまにとって、ほんとうにオススメできる事業者でなくて、お金を払っている事業者の情報です。

 

こう考えると、載せている事業者がいろいろ大丈夫なのか?すら疑えてしまいます。

(もちろんきちんとしている事業者さんも多いでしょう)

 

 

ではどういうのが信頼できるサイトか?

具体的にどんな人がオススメしているのかがはっきりさせることです。

大手新聞社との関連があるってだけでは、実はあやふやです。

 

 

誰がオススメしていて、その人は専門家なのか、信頼できるのか。

そこがポイントだと思います。

 

 

ただ1つの営業メールに対して、業界に関係ない方がここまで判断するのはハードルが高いです。

 

大事な時間を本業に使えるよう、余計なことで悩まないことが大切です。

そのためにWeb運用のサポートがあります。