病気になったときに助けてもらえる働き方をしているか?

遠い知り合いの会社で、社長が病気になり会社の経営から手をひいたという話を聞きました。

そこまで仲良くはないけれど、とても優秀に思えた人だったので、驚きました。

その社長や会社は、まわりとの付き合いがうまくいってませんでした。自分勝手で、悪口もよく聞きました。かなしいことに周囲から疎まれるような存在のようでした。

能力があったから商売はうまくやってこれたようですが、これからどうなるのでしょう。今は遠くはなれた場所で療養中とのこと。

病気はいつ訪れるかわからないからこわいです。

同時に、親族以外の人が助けてくれるのかな?と余計な心配を考えました。

たとえ仕事はできても、まわりから 嫌われるような働き方をしている人は、いざピンチになったときがまじでピンチです。

自分に置き換えた時にとても恐ろしいことだと思いました。

自分は人の助けなしには仕事はおろか生活することもできません。

いつピンチがきてもおかしくないのだから、ピンチになっても、まわりの人が助けてくれるような日頃の働き方が大切。

「死んだ時に泣いてくれる人がたくさんいるような生き方」に共通する部分があります。

…当たり前かもしれませんが、そんなことを改めて感じました。