【日光市Web集客】商業施設のトップページ部分改修<ページ回遊率約10%UP>

作ったばかりのときはピッカピカだったWebサイトも、数年たてば直したいところがたくさん出てきます。

ほんとうにWebの進化は早いです。

当日の最新の技術をとりいれたとしても、すぐに使わなくなっちゃうこともあるからたいへんです。

そいういうときは、一歩立ち止まって、小さな改善を試してみることをオススメしています。

オープンから3年たったWebサイトのトップレイアウト変更

サポートを担当するWebサイトが立ち上げから3年たちました。
いろいろあって、トップページのレイアウトの一部改修することに。

それまでも改修はやっていましたが、かんたんなものがほとんど。
Webサイトの顔となる、トップページのレイアウトを変えるのははじめてです。

改修前のトップページは、ニュースやイベントの最新情報がメイン。
これ自体は重要な要素ですが、ほかの主力サイトへの誘導がちょっとわかりづらい。

レイアウトなどをちょっと変えることで、より使いやすいサイトになる

っていう仮説をたてて実際にやってみることに。

改修した結果 →トップページ回遊率が約10%UP

改修して3ヶ月たってところで改めてアクセス解析。

1回の訪問あたりのページ閲覧数(回遊率)が約10%UPしました。

パソコンで見る人も、スマートフォンで見る人もそれぞれUp。

利用者がいろいろなページを見る度合いが若干高まったのです

部分的な改修なので劇的な成果はありませんでしたが、若干の成果がでたことがわかります。

よくやりがたちなのが、改修っぽなしになるっていうこと。

かんたんな修正だったら影響はすくないと思います。

ただし予算をかけてやった改修なら、Web担当者と相談して、成果あったかダメだったかはしっかり検証したほうがいいです。

ダメだったとしても次回はやり方を変えればいいだけで、その分だけ前に進みます。

リニューアルでなく、部分的な改善をオススメすることが増えています

今回のWebサイトについては、立ち上げには関わっていません。

でも最近Webサイトでは多いことで、サイトのレイアウトは一部をのぞき簡単に変更できる仕様。
部分的な改修もしやすくなっています。

リニューアルしちゃうとWebサイトが全部かわっちゃいます。
何がよくて何が悪かったのかもわかりづらいです。

小さな改修と改善を繰り返すことで、全体の改善につながります。

実際にそういう事例が増えたので、いまは必ずリニューアルということはかなり減りました。

部分的な改善をオススメすることも増えたのです。